都内1K、家賃9万円の部屋で苦しい

投稿者: | 2018年6月10日

確実に予算オーバー

僕は毎月の手取りが20万円に届かないにも関わらず、家賃9万円ほどの1Kで一人暮らしをしています。

水道やガス等の固定費を含めれば10万円強の出費になりますので、手取りの半分は吹き飛びます。生活には工夫が必要なレベルであり、明らかに家計のバランスが悪いです。

 

言い訳になりますが・・・

今の部屋は前職に就いているときに決めた部屋です。前職では月の手取りが30万円ほどありましたので、都内なら家賃9万円は仕方ないかなと思っていました。

これならば手取りの1/3くらいなので許容範囲です。

今の手取り20万円弱だと6万円ほどの家賃が無理のない水準でしょうか。

 

転職したときに引っ越せばよかったのですが、転職時に合意した提示年収よりも実際の収入が遥かに下がってしまいましたので想定外でした。

その経緯もあり、本気で投資とマネーの勉強を始めたのでよかったんですけどね。

苦境の方が燃えます。(というかこんな性格じゃないと弁理士やってない)

 

しかし、減収という現実に直面した後で引っ越しを考えるにも都内の家賃は本当に高いです。

都心から離れたり古くなるにつれて7万円クラスの部屋も増えてきますが、その程度だと引っ越しにかかる諸費用をペイできるまでには1~2年を要します。

1~2年の間に起こるかもしれないイベントって多いですよね。投資を勉強すると先々のことで悩む回数が増えた気もします。

 

一人暮らし/ルームシェア/同棲や結婚(予定なし)/シェアハウスなど、選択肢は様々ありますが不確実性が高いので、せっかく家賃の安いところに引っ越してもペイできなければ徒労に終わります。

(ex.)安く一人暮らし始めたけど誰かとルームシェアするお誘いがきて条件がよかった、等。

 

こうやって問題を先送りにしておくと、高い家賃でジワジワ苦しみが増していきます(笑)

何もイベントが起こらないならさっさと引っ越した方がマシですしね。

 

その他、単発アルバイトとかで月1~2万円ほど稼いだ方が確実なのではないかと思います。

(*´・ω・)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)