年間40万円も投資する人はすごい

つみたてNISAの上限額40万円の壁

税制上便利なものには制限があります。

つみたてNISAでは拠出できる上限額が40万円となっています。

40万円は多いと思いますか?少ないと思いますか?

 

積立投資のアンケートを引用します。

(出典:金融関心層向け全国調査結果 2015年(平成27年)調査結果

 

全体結果より、1ヶ月の積立額は以下の通りです。

「3万円未満」が66.7%、

「3万円以上」が19.6%、

「分からない&無回答」が13.7%でした。

つまり、3人中2人は月々3万円未満です。

 

平均額は約2万6千円なので、年間31万2千円です。

ボーナス月に加算するようにしても、年間の投資配分予算は40万円に収まります

そして、大事なことですがこれは金融関心層向けの調査結果ですので、無関心な人を含めると投資の予算はもっと下がると考えられます。

 

つみたてNISAは金融に無関心な人でも始めやすい制度であり、あまり上限額を高く設定してしまうと普通の人は躊躇する可能性も否定できません。

 

まとめ

つみたてNISAの上限40万円は、一般の家庭でも資産運用の選択肢の一つとして考慮できる額を狙って設定されたと考えています。

金融庁が呼び込みを考えての設定だと推測できますので、資産に余裕のある人からするとつみたてNISAの上限額が少ないです。

しかし、一般の家庭では年間40万円も拠出すればかなり投資をしている層です。