パッシブvsアクティブは前提次第

パッシブとアクティブのどちらがいいかという考察がありますよね。

 

僕が考える結論は、前提次第です。優劣はありません。

とりあえずよく目にする理由から見てみます。

 

パッシブ側の主張

長期間運用してインデックスに勝つアクティブファンドは非常に稀、かつそのファンドを事前に見つけることは困難だ。またアクティブは手数料が高い分不利だという意見は過去のデータから主張でき、もっともらしく聞こえます。

 

前提は正しい?

パッシブvsアクティブの比較記事を見ると、「○年間の運用実績がある○本のファンドの平均とインデックスを比較しました」のように書かれていることが多いです。

しかし短期間で区切るとどうでしょうか?

トータルリターンランキング

(総合ジャンルのトータルリターンランキングを切り取ってみましたが、国内ばかりですね。)

例えば1年の運用成績だと、手数料や税金を考慮してもベンチマークを上回るリターンを叩き出すファンドはごろごろあります。

事前に高リターンのファンドを見つけることは不可能だとしても、比較する数字が変われば結果も変わります。

 

さらにインデックスだからといって、次々に出てくるアクティブファンドにも大体勝てるというわけではありません。

アクティブはパッシブに勝ち続けることができない、という主張を反対にすると、パッシブはアクティブに勝ち続けることができないのです。

 

もちろん資産運用ですから長期間運用するという考えが間違っているわけではありませんが、短期間でいいというニーズの方からすれば、パッシブかアクティブかの話は違うと思います。

(短期間ならアクティブがいいという意味ではありません。)

 

パッシブ+アクティブ

パッシブ否定のような文章になっていますが、そんなつもりではありません。

僕はインデックス投資家ですがアクティブファンドが嫌いではありません。おもしろい特徴を持つファンドには好感を持っています。

 

別にインデックス投資家だからといって、全世界分散投資したり、アクティブを排除する必要はありません。

例えば、ジェレミー・シーゲル著 株式投資の未来に記載されているように、インデックスファンドを主体としつつリターン補完戦略等をとることもできます。

組み合わせ等は好きなようにやっていいと思います。なので今のところ、僕はパッシブ+アクティブを試しています。

失敗したらブログでご報告します。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)