ゆとり弁理士の売上

弁理士は売上が大事と言われますね。

 

ゆとり弁理士の売上は、年間2500〜3000万円のようです。

利ざや抜き等を含めた名目の売上だと3000万円オーバーです。

今の事務所は分業なので、特許事務の方に助けられている部分が大きいですかね。

 

この売上で年収500万(見込)なのですが、せめて年収700万円以上もらえるならもう少し本気を出してやります。

たぶん今の自分のスキルで名目3500、実質3000万くらいは出せると思います。

 

売上は運の面もありますね。

特許は営業をかけたからといって新規案件を取れる(=売上に繋がる)わけではなく、クライアントから発明を持ちかけられるまで待つことが多いと思います。

したがって、景気の波にも左右される可能性がありますので、幅広い業種のクライアントを持つのがいいかと思います。

 

独立しないの?ってたまに業界以外の人から言われるのですが、私は営業力もコネもありません。

なんらかの事務所の看板がなければ受注すらできないなと自覚しています。

 

弁理士

Posted by author