データから考える

たまに実家(田舎)に帰ると浦島太郎のような気分になります。

当たり前ですが人も町も変わります。

 

自分が小さい頃は、法事などの行事があると田舎にありがちな親戚付き合い/近所付き合いも発生 ...

データから考える

これから先、ガス・水道・電気・インターネット回線などの生活インフラは、特に地方で住む人にとって問題となるでしょう。

老朽化

生活インフラも物質である以上、老朽化は避けられず、寿命は50年程度と試算されています。

...

データから考える

通勤にかかる機会コスト

僕を含め通勤電車は疲弊した顔の人ばかりです。

肋骨がギシギシいう密度で耐えてほんとにすごいなと思います。

 

そんな通勤電車に関する興味深い資料を見つけたので引用しま ...

データから考える

日本の非嫡出子の生き辛さ

平成25年に民法の改正が行われ、嫡出子と非嫡出子の相続分が同等化されました。

嫡出子と非嫡出子(婚姻関係にない男女の子)の相続分については差があり、長い間放置されていた問題です。

放置さ ...

データから考える

元ITエンジニアのゆとり弁理士です。

本記事の結論を先に書きますと、日本ではIT業界か介護業界に進む人が増加するのではないかと考えています。

 

IT人材の待遇

IT人材の年収と全産業の年収 ...

データから考える

生涯未婚率

ご存知の方も多いと思いますが、厚生労働省が出した生涯未婚率(50歳まで未婚の人の割合)の予測は以下です。

 

(出典:厚生労働省 生涯未婚率の推移(将来推計含む))

  ...

データから考える

日本の高齢化率の将来推計

内閣府が公開した高齢化推移と推計について資料を引用します。

 

(出典:内閣府 高齢社会白書)

 

例えば2020年に生まれた子供が30歳に達 ...

データから考える

年配の方とプライベートな話をすると「いつ結婚するのか?」という話題を振られます。

僕は結婚(婚姻)制度自体を否定するわけではありませんが、法律婚を無理に選択する必要はないのではないか?という考えも持っています。