弁理士バッジ(弁理士記章&略章)

弁理士バッジ

弁理士記章のお話をします。いわゆる弁理士バッジですね。

士業バッジの1つであり、弁理士登録をすれば受け取れます。

裁判所に持っていくと関係者入口から通されますが、弁理士に一番近い行政庁である特許庁には関係者入口がありません。

 

弁理士バッジは直径18mm前後と大きく、ピカピカの金メッキのため非常に目立ちます。

(写真はもう少し下にあります。)

 

そのためか、弁理士バッジを普段から着用している人を見たことがありません。・・・ブラックスーツと弁理士バッジを着用して街中を歩くと正直怖いです。避けられるかもしれません。弁護士バッジで同様の悩みを抱えている方もいるようです。

 

略章もあります

弁理士バッジ(本章)に対して一回り小さい略章があります。

そこで手数料(3000~4000円だったと思います)を払って略章を作ってみました。

 

 弁理士バッジ

左が本章、右が略章です。

 

略章でも直径14mm前後と大きいですし、やはりピカピカの金メッキであり、結構目立ちます。

着用するのは勇気が必要です。

お金の無駄でした。

  

弁理士バッジはもっと小さく、銀色等の目立ちにくい色であれば街中でも着用できるのですがどうにかならないでしょうか・・・。

なお、金メッキが剥がれないものかと軽く擦ってみましたが変わりありません。割と耐久性があるみたいです。

 

(追記)

2018年4月頃、弁理士バッジがオークションに出品されているというお知らせが弁理士会員に流れていました。弁理士バッジは譲渡等が禁止です(禁止になった?)。

なお、弁理士バッジには弁理士を一意に識別する登録番号が刻印されていますので、日本弁理士会に問い合わせたら出品した人も分かってしまいます。

 

弁理士

Posted by author