累積コストに注意

累積コストはシャレにならない

元本100万円、年率5%で30年運用、コスト年2%という条件で運用すると、コストを差し引いた30年後の資産額が約240万円になります。

この期間、累積コストを積み上げグラフで書くと以下です。

 

累積コスト

 

グラフから分かるように、累積コストが100万円近くになります。

すなわち、個人投資家は30年後に資産総額240万円-元本100万円=運用益約140万円手にしていますが、100万円近くのコストを支払ってきていることになります。

 

販売側のメリット

運用額が値下がりしたとしても、証券会社等は運用資産額に対するパーセンテージでコストを差し引くことができます。

特に以下のような関係なので、販売側は高コストの金融商品の長期保有を勧めてきます。

 

個人投資家:元本+リスクを負担し、運用益を得る

証券会社等:元本、リスクを個人投資家に負担してもらい、コスト(手数料)分の利益を得る

 

販売側は非常においしい立場であることが分かります。

もちろん販売手数料が高い金融商品であれば、売買を繰り返すほど販売側は儲けになりますから、過去には「回転売買」と言われ悪質な手口として問題になりました。

 

上記で例にしたコスト2%はアクティブファンドの実質コストと考えると、一般的な水準かそれ以下と考えられます。

素人が長期で運用する金融商品は、コスト(信託報酬、買付手数料、信託財産留保額や実質コストと呼ばれるもの)が低いETFやインデックスファンドが無難です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)