アラサーの平均年収はいくらなのか【地域別】

フルタイムで働くアラサーの平均年収(2018年版)を性別・地域別にまとめました。

(データは厚生労働省 賃金構造基本統計調査を使用してグラフ等を作成。きまって支給する現金給与額を12倍し、賞与分を加算)

 

それでは各地方で代表的な地域に分けて見てみます。

 

20代後半男性の平均年収

まずは25~29歳の男性の平均年収がこちら。

 

 

東京、愛知、大阪はやはり高めです。

宮城、香川、福岡は横並びですが、広島は少し上回る傾向にあるようです。

 

20代後半女性の平均年収

25~29歳の女性の平均年収はこちら。

 

 

東京だと年収400万円を少し超えるようです。

 

30代前半男性の平均年収

続いて30~34歳の男性の平均年収がこちら。

 

 

20代後半よりも地域によって差が出てきました。

三大都市の東京、愛知、大阪は500万円を超えます。

 

30代前半女性の平均年収

最後に30~34歳の女性の平均年収がこちら。

 

 

東京都だと平均年収で450万円を突破しています。

東京都内の夫婦がどちらも平均年収を得られれば、世帯年収1000万円を超えますね。

 

まとめ

一般的に「平均年収」と検索すると「全国の平均年収」が多いのですが、都道府県ごとに最低賃金があったり、都会と地方では生活コストが違います。

これが収入に反映されますので、例えば東京都と沖縄県の男性の平均年収では、25~29歳で147万円、30~34歳で232万円の開きがあります。

なので地域ごとに見た方が実態に近いと思います。

ご参考になれば幸いです。